爪水虫の疑いがある足

水虫かなと思ったら恥ずかしがらずに皮膚科を受診するようにしましょう。放置しておきますと悪化し爪まで感染してしまいます。爪水虫の治療の際は内服薬で治療し、常に足を清潔にするように心がけましょう。

かかと水虫の症状とは?予防に絹の靴下がおすすめ

水虫といえば強い痒みに襲われたり、皮膚がボロボロと剥けるといった症状が起こる皮膚病の1つです。
カビの仲間、白癬菌が皮膚の角質層に感染する事で発症します。
特に痒みが強いというイメージがある水虫ですが、白癬菌が感染した場所によっては全く痒みが出ないケースがあります。
「角質増殖型」といって、かかとに発症する水虫はあかぎれのような症状しか起こりません。
かかとの角質が厚くなり、ひび割れなどを起こすのが角質増殖型の特徴です。
痒みやジュクジュク感など水虫で起こる症状が出ないので、ただのあかぎれと放置してしまう方も少なくないようです。
ですが、白癬菌は1度感染してしまうと、自然と死滅はしないので角質増殖型も治療を行わなければ、どんどん症状は悪化してしまいます。
角質増殖型はお年寄りに発症する事が多く、症状も夏では無く冬場に悪化します。
ケアをしても、かかとの角質が厚いままという時や、あかぎれのような症状が続くという場合は皮膚科を受診しましょう。
通常、水虫は抗真菌成分を配合した、外用薬で治療を行います。
ただ、角質増殖型は角質が厚くなり、白癬菌がいる部分まで抗真菌成分が浸透せず、完治しないケースもあるようです。
症状が悪化している場合は、内服薬で治療を行います。
また、水虫が完治したら再発しないよう、予防する事が必要不可欠です。
予防法としては絹の靴下を履く事がおすすめです。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、高温多湿を好む傾向にあります。
ナイロン製など通気性の悪い靴下だと、足が蒸れやすく再度、水虫になってしまう事もあるのです。
絹の靴下は通気性がとても良く、足の蒸れを軽減してくれます。
長時間、靴を履く機会が多いという方は、絹の靴下を履いて水虫を予防しましょう。