爪水虫の疑いがある足

水虫かなと思ったら恥ずかしがらずに皮膚科を受診するようにしましょう。放置しておきますと悪化し爪まで感染してしまいます。爪水虫の治療の際は内服薬で治療し、常に足を清潔にするように心がけましょう。

ブーツで水虫がひどくなったら飲み薬で治そう

仕事で長時間靴を履き、ブーツでおしゃれをする女性は、靴の中で汗をかき湿気が多くなるため、水虫になる人が増えているそうです。
水虫は、白癬菌といってカビの仲間です。白癬菌は、皮膚の表面の角質の成分のケラチンが好物です。水虫の人から落ちた垢でも生き続けます。白癬菌は温度があって湿度が70%以上の環境を好みます。不特定多数の利用するプールや温泉などのマットなど白癬菌がいる可能性がありそうです。もし、白癬菌が皮膚についてしまっても、感染するまでに24時間かかる(傷口がある場合は12時間)ので、きれいに洗い流すことで防ぐことが出来ます。
水虫の症状は、趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬と分かれます。趾間型は、足指と足指の間がむけるのでかゆみを感じます。小水疱型は、土踏まずや足の側面に小さな水ぶくれができてかゆみがあります。角質増殖型は、足の皮膚がどんどん厚くなって皮膚がぼろぼろと剥がれ落ちます。この剥がれ落ちた皮膚に注意が必要で、皮膚の中にも白癬菌がいるので、まき散らしている状態です。しかも本人はかゆみがなく皮膚が厚くなっているだけと思っているので、水虫と気が付きにくいのが困るところです。爪白癬は白癬菌が爪にまで侵入した状態です。初めは足指のかゆみだけだった水虫が悪化してしまった状態です。爪白癬になると、爪の色が白から黄色に濁ります。また爪が厚くなり、ぼろぼろと剥がれ落ちるようになります。爪白癬がひどくなると靴を履くのも歩くのも痛みのため難しくなります。
水虫は、早い段階であれば外用薬で対処することもできますが、爪白癬の場合は飲み薬で治します。飲み薬での治療効果は9割と言われています。白癬菌にかかった爪が生え変わるのに、半年から一年ほどかかります。水虫を完治させるにあ長丁場となります。