爪水虫の疑いがある足

水虫かなと思ったら恥ずかしがらずに皮膚科を受診するようにしましょう。放置しておきますと悪化し爪まで感染してしまいます。爪水虫の治療の際は内服薬で治療し、常に足を清潔にするように心がけましょう。

入浴時の水虫とケラチナミンについて

最近の日本人は男性を中心に水虫になって品しまう人がどんどんと増えてきています。理由としては、男性の場合には革靴を一日中はいている人が多くさらには革靴になると通気性もよくないため、足の裏が蒸れてきてしまい、水虫になる可能性が高くなってきます。このような場合に、足の裏が痒くなって常に気持ち悪い状況が続いたりさらには、痒くて満足に歩くこともできなくなってしまいます。そこで、現在ではケラチナミンが配合されているお薬を該当箇所にしっかりと塗り込み定期的にケアしてあげることで水虫の進行をおさえる効果があります。現在では様々なお薬が出てきており、特に大人用のお薬は多少強い成分を配合していてもからだがきっちりと対応してくれるため、より良いケアをすることができるようになってきました。しかし、子どもにとってはきついケアをしてしまうと、皮膚が余計に痒くなってしまったり悪化させてしまう可能性があるためしっかりと皮膚の状態を見ながら考える必要があります。ここで、注意しておかなければならないこととして、水虫は他の人にもうつってしまうということをしっかりと知っておく必要があります。そのため、一般の公衆浴場に入浴するときなどには、他の人が水虫の場合にその人がはいていたスリッパなどはしっかりと避けるようにしなければうつされてしまう可能性があるため十分に注意する必要があります。特にスリッパからの感染も非常に多くなっていますので、しっかりと処方してあげる必要があります。特に夏場などの暑くて汗をかきやすい季節においては十分に注意しながら感染しないようにケアしておく必要があります。また、万が一水虫になってしまった場合にはすぐにお医者さんに診てもらうことが大切です。